2014年08月24日

お、重いぃ〜。天然真昆布の水揚げ。

がごめ昆布を愛して10年♪
たまえ店長です。

ずっと続いた雨も止み
海の底も見えるようになったので
早朝5時30分より天然昆布漁がスタートしました。

マッカで昆布を水揚げしていきます。

写真 1.JPG

写真 2.JPG

尾札部町で天然昆布漁を行う秋本さん。
今日もお兄ちゃんが一緒に船に乗って
かじ取りをします。

偉いぞっ!お兄ちゃん(*^_^*)

写真 3.JPG

海水をたっぷりと含んだ昆布は重いです。

さらに岩や石も一緒に水揚げするので
そうとう重いですっ!!

その理由はこれ↓↓↓

写真 4.JPG

根の部分です。

海で流されないよう
先のフサフサしたところが
岩にがっしりと付着しています。

また、岩からも栄養をもらって育ちます。

このフサフサと昆布の間の茎の所が
根昆布です。

長さ2〜3メートルの昆布で
わずか3cmほどですので、高値で売られているんですね。

一番栄養が詰まっていますしねっ!

根昆布25g
http://www.konbumura.co.jp/SHOP/K-11.html


今年は昆布が豊漁です♪

天然雑昆布はすでに組合に出荷されています。

尾札部町で水揚げされる天然真昆布でとるだしは
本当に清らかで、深い旨みを感じられますよ。


水揚げした昆布を次に干して、半日で乾燥させます。
写真 1.JPG

あと、数日は昆布漁がありますが
終了後は、長さ90pに揃えてカットしたり
昆布を等級別に束ねたりと細かい作業があります。

写真 2.JPG

まだまだ、続く昆布漁師さんの夏です。








posted by 昆布娘 at 06:45| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 昆布村 便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。