2014年09月01日

昆布漁終盤に入りましたっ!

がごめ昆布を愛して10年♪
たまえ店長です。

朝晩はもう半袖ではいられない程、
寒くなってきた函館 南茅部地区。

朝靄の中、昆布漁舟が海へ出ます。

写真 2.JPG

あと、数回で南茅部地区 尾札部町の
天然昆布漁は終了いたします。

写真 3.JPG

野球少年の秋本長男君も
夏の間、早朝から頑張りました。

写真 1.JPG

今年は豊漁で昆布の水揚げが多かったので
漁師さんが製品化して出荷するには
来年までかかるところもあるそうです。

先日、南茅部産の天然がごめ昆布を仕入れました。

道南では南茅部産のものが
最も品質が良く身が厚く、甘みがあります。

写真 1.JPG

湿気から守るため袋をかぶせ、倉庫に保管します。
写真 2.JPG


等級により紐の色が違います。

緑紐が1等、赤が2等、紫が3等、薄紫が4等。
写真.JPG

写真 3.JPG

これらをがごめきざみ昆布や
がごめ昆布しょうゆの原料として
大切に使います。


がごめ昆布・がごめ昆布しょうゆ専門店
昆布村http://www.konbumura.co.jp/SHOP/A-5.html



posted by 昆布娘 at 09:05| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 昆布村 便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。